対人恐怖症ママのママ友地獄からの脱出 視線恐怖症と社会不安障害を解決 *自己正常化プログラム口コミブログ

タグ:自己正常化プログラム口コミ

mama_kai

私が以前お世話になった岩波先生の自己正常化プログラムやDream Art Laboratoryの雰囲気について書いていこうと思います。

自己正常化プログラムって?

自己正常化プログラムは、脳内無意識誘導技術を使って、神経症や社交不安障害、対人恐怖症などの悩みを抱える人を脳内から強力にサポートをしてくれます。

脳のトラブル、無意識で勝手に発生する神経症にとても効果的で、認知行動療法、森田療法、催眠療法、カウンセリング、おくすりで治らなかった方が特に多く受講しています。

私も社交不安障害や対人恐怖症、視線恐怖症などの悩みを抱えていましたが、自己正常化プログラムで克服することができました。

ブログを参照してください。

岩波先生の自己正常化プログラムは評判がとても高いです。

でも個人差があるので、他の受講者と比べることはしないほうが良かったです。

自分の内面を深く探究する方法なので、自分自身に打ち勝ってやる!という気持ちを持つことは大事です。

神経症は無意識のトラブルであるため、自己の努力では解決できません!

できていたら、私のブログを開くことはないわけですから。

自分で解決できないのが神経症とか社交不安障害というものですから、自分をお責めにならないでください。


自己正常化プログラムは集団で行います。

参加者を脳覚醒トランス状態に岩波先生が凄技を使って誘導してくれます。

それにより、潜在意識や無意識の世界にアプローチします。

私はやっと、この自己正常化プログラムに参加でき、社交不安障害や対人恐怖症、視線恐怖症などの症状を克服でき、今では自由で、自分を保っていられる日常生活を送ることができています。

人も怖くなくなりました。

自分の心をスッキリと整理をすることができ、悩んできたことも馬鹿らしく思えてきました。

悩んでいるときは、そんな気持ちになれなかったですし、そんな自分をひたすら責めていました。

もう一度言いますが、自分を責めないでください。

こういう症状って、自力では治せないものです。

それを前提で、症状を受け入れることがコツでした。

受け入れることも難しいですが、受け入れたらたしかに楽になります。

自分の苦しみから解放されることは、受け入れることから始まります。


私は自己正常化プログラムを受けていくうちに、受け入れられるようになっていきました。

そうすると楽になり、緊張も次第に減っていきました。

勝てない自分の心に抗うから負けるし、受け入れられないから余計焦って自滅してしまうんです。


自分の症状が子供にも悪影響を与えていたことに気づかされましたが、強い自分を感じることができるようになってから、子供をいい方向に導ける強さも手に入りました。

ママ友たちの意見や人間関係を良くしようとする意気込みに対して私は無関心になり、感情をコントロールできるようになりました。

強気でいようという空回りもなくなり、自然体でいられるようになってからはとても楽です。

自然体は最強! です

強さとは、常に強気であることではなく、普段は普通であっても、いざという時に強くなることが重要であるという岩波先生に指摘を受けてから、自然体がより身についたと思います。


Dream Art Laboratoryについて

とってもアットホームです。

部屋に入る前、入るときは緊張しますが、帰るときはスッキリの感じです。

だから、毎回、「ああ、通ってよかった」「勇気を持って取り組んでよかった!」と思えます。

広くはない空間なのですが、岩波先生がとてもフレンドリーで面白い方で、最初にトランス状態に入ってからは、居心地も良くなります。

私の心が緩みを感じて、とても幸せな感覚になれるからだと思います。

通うことは億劫な人もいると思いますが、絶対に勇気を出して外に出てください。

通ってよかった、受けてよかったと思えます。

それがないと、一生変われません

対人恐怖症ママのママ友への被害妄想と苦しみ

f:id:mamatomosad:20161209171238j:plain

私の対人恐怖症はママ友の中で最初発症しました。視線が怖い。私の内面まで見られていそう、そして悪口を言われているという被害妄想が酷くなりました。

 

ママ友グループだと、2つの目ではなくそれが10あり、その内の一人が私の内面を見抜いて、悪口を言い始めたら、他のママ友もそう思い始めて、私のいない時に一斉に私の話をしだす、こんなことが恐怖でした。

 

それに私は実際にあるママ友グループから仲間はずれにされていたから、絶対に悪口を言われていたことは間違いありません。でも、それを別のママ友にも悪口を言われているかもしれないと考えると、血の気が引いてしまいます。

 

でも、子供を連れて外出しなくてはいけないし、無邪気な子供たちのために何とか平静を装うようにしていましたが、内心は不安と恐怖でたまりませんでした。また私が家に引きこもってしまうと、子供が嫌われないかという心配がありました。

またママ友の集まりで、私の存在のために子供が遊び友達にイジメられるかもしれないという不安を常に持っていました。私のせいで子供が嫌われるということはどうしても避けたかったことです。

 

自分が何かをされる分にはまだ我慢ができるけれど、子供が同じ目にあったらどうしようと思っていました。ママ友との距離を置いた方がいいのでは?と考えすぎて、どんどん対人恐怖症が悪化していきました。

 

私だけでなくママ友のトラブルで対人恐怖症がひどくなった人や、対人恐怖症でママ友付き合いがきつくてたまらない人は多いようです。

このページのトップヘ